街森研究所

街や森で出会った木々や生き物、出来事などを紹介しています

クマは絶滅するのか

 薄暗い山奥の森を歩くのは、あるリスクが伴う。クマ(ツキノワグマ)との遭遇だ。彼らが人を攻撃するのは、彼らも人を恐れている時で、本来は人を襲う動物ではない。鈴やラジオをつけ常に音を発することで、クマの方から遭遇を避けてくれる。
 生態系の頂点に立つクマは、他の獣に比べ個体数はずっと少ない。生き物好きの私からすれば、出会えるとむしろラッキーだ。私は過去に2度、野生のクマに遭遇しているが、いずれも安全な距離があった(写真=尾瀬ヶ原で筆者撮影)。怖いのは至近距離での遭遇。クマから視線をそらさず、ゆっくり後ずさりすることが大切で、決して背中を見せ走ってはいけないといわれる。
 そのツキノワグマが絶滅の危機にある。日本には1万2千頭が棲むともいわれるが、近年は人里での出没が増え、06年に4千頭余り、10年にも3千頭が殺処分された。既に絶滅したとされる九州、残り数十頭といわれる四国に続き、このままでは本州での地域的な絶滅も近い。農林業が廃れ、人が山に入らなくなったことで、クマやイノシシが頻繁に人里に下りるようになったといわれる。
 かつて日本人は、家畜の害獣オオカミを駆除し続け絶滅させたが、その後シカが増え、シカが畑の作物や貴重植物まで食べ荒らすようになった。クマ問題もダム問題も原発問題も同じ。目の前のリスクを取り除く対処療法だけでは、問題は解決しない。



※この文章は2011年7-8月に山口新聞「東流西流」に掲載された連載記事を一部修正したものです。

不思議なヒヨドリの渡りとアカツクシガモ飛来

 ヒーヨ、ヒーヨ、ヒーヨ・・・

 海を見渡せるベランダで朝食を食べていると、上空から聞き慣れた声が聞こえてくる。暖を求めて南方に渡るヒヨドリの群れだ。その数、ふつう200羽、大きな群れでは600羽におよぶ。9月下旬から10月下旬にかけては、荒天日を除いてほぼ毎日、我が家の上空を数十もの群れが渡った。時間帯は7〜8時が最も多く、多い日は1日5,000羽にも達しただろうか。

 我が家のある山口県光市付近からは、瀬戸内海を隔てて九州の国東半島が見渡せる。ヒヨドリたちは、決まって東の海岸線から飛んできて、九州方面に突き出た小さな半島(室積半島)を巻き込むように方向を変え、大海原へと飛んでゆく。すべての群れが同じルートをたどり、本州から九州へと渡っているように見える。彼らはどこからどこへ行き、なぜ皆がこのルートを知っているのだろうか?

 ヒヨドリは秋と春にほぼ日本国内で移動する(渡り)ことが知られているが、そのルートや距離はよくわかっていないらしい。また、九州など暖地の個体は移動しないというから、冬は九州の個体密度が増え、寒地や北海道のヒヨドリがいなくなることになる。我が家の上空は、ちょうど本州と九州の最短ルートにあたる(関門海峡を除く)ため、中国地方のヒヨドリたちの重要な渡りルートになっていると推測できる。最も身近な鳥でありながら、不思議で興味深いものだ。

 12月23日にも、20〜30羽の小さな群れを見た。今年最後の渡りか。思わず「がんばれよー!」と声をかけた。

 12月27日の昼過ぎ。地元の山口県田布施町で買い物をした帰り道、買い忘れがあって川沿いの道を引き返していると、何やら見慣れぬカモが1羽いる。珍しい鳥に違いないと思い、車中からコンパクトデジカメで撮影。車を降りてさらに近づこうとすると、飛んで逃げた。その独特の色は、一度見たら忘れられない美しさだ。

 帰宅して図鑑やネットで調べると、すぐにアカツクシガモの雌だとわかった。ユーラシア大陸に生息し、冬鳥として稀にごく少数が日本にも飛来するらしい。これは貴重だと思い、夕方に再度現地に訪れると、アカツクシガモは同じ場所にいた。今度は多少ズームのきくデジタル一眼レフで撮影し、土手に降りて近づこうとしたが、やはり警戒心が強いみたいで飛び立ってしまう。あまり刺激しないほうがいいみたいだ。

 この田布施川は、シジミやアユも棲むといわれる穏やかな川だが、下流には工場地帯があり、ここ20年の河川改修で無骨なコンクリート張りの護岸も増えた。特に自然豊かな川という印象はないが、カモ類の飛来は比較的多いようで、中上流部にはゲンジボタルが棲み、河口部にはカブトガニも生息する。地元に住んでいると何でもない川だが、こうした希少種の存在を知ることで、この自然環境を守ってゆく意識が高まればと思う。アカツクシガモの飛来は、翌日以降に地元のニュースや新聞で紹介された。

夜道で轢いてしまったもの

 むしむしした深夜0時過ぎ、駅から自宅まで標高差50mの坂道をマウンテンバイクで必死に漕いでいた。木々に囲まれた薄暗い路面に、キラッと細長い何かが光った。液体? ビニール? それをマウンテンバイクのタイヤが轢(ひ)いたとき、「ペチッ」と音がした。けれどもそんなのは気にせず、ひたすらペダルを漕ぎ続けた。

 自宅に着き、汗だくの服をぬぎ、シャワーを浴びる準備をする。ふと、ぬいだ革靴に目を向けると、そこに奇妙にうごめく物体がへばりついていた。ナメクジのような粘液で覆われたその生物は、黄土色の胴体に3本の黒いすじが走り、頭部を切断されているのに、その切断面を持ち上げてイモムシのようにはいずり回っていた。相当グロテスクな姿だが、すぐにピンときた。

 オオミスジコウガイビル。大三筋笄蛭。扇形の頭を持ち、プラナリアと同じ扁形動物に属する外来生物。体長は時に50〜100cmに及ぶ。夜道で光った細長い物体は、餌のミミズやカタツムリを求めて彷徨うオオミスジコウガイビルだったのだ! 急いで自転車を確認してみると、ちぎれたオオミスジコウガイビルの肉片が、いくつもチェーンやペダル周辺に絡みついていた。その全てが、粘液を出して不気味に動いている。総延長は50cmに達するだろう。

 久しぶりに壮絶な光景を見た。コウガイビル類は、プラナリアと同様に、切断するとそこから再生するらしい。一瞬恐ろしい光景を想像してしまったけれども、翌朝、彼らはマウンテンバイクの下で干からびて死んでいた。暗い夜道の一人歩きは、お互い要注意である。



(画像サイズをやや控えめにしました)

マムシと暮らす日々

 先日捕まえたマムシ(ニホンマムシ)だが、コーヒーの空きビンの中で元気に生きている。しっかりととぐろを巻いており、ビンを持ち上げるとひょこっと顔を上げ、二叉に分かれた舌をチョロチョロ出す。ヘビと同じ部屋で暮らすのは初めてだけど、まず湧いてきた感情は「かわいい」。爬虫類愛好家の気持ちも納得だ。

 マムシ酒の作り方をネットで調べてみると、ビンに水を少し入れ、糞尿を完全に排泄するまでしばらく置いておくらしい。1〜2週間ぐらいかな?と思ったら、なんと4カ月も飲まず食わずで生き延びたという話も。考えてみると、爬虫類は何ヶ月間も冬眠するのだから、それくらい当然か。にしてもすごい生命力。このスタミナを頂戴したくて、みんなマムシ酒を作るのだろうか。マムシ酒の味は、生臭いとか血の味とか、あまりいい評判はないようだけど、やっぱり一度は飲んでみたい。

 いくつか見たサイトの中で、サンマの切り身でマムシを餌付けできたという話があった。これは面白そう。ずっと飲まず食わずもかわいそうなので、エサをあげてみることに。まずは、電子レンジであっためたウインナーを糸で吊してみる。が、無反応。わざわざチンしてあげたのに(マムシはピットという器官で熱を感じ取れる)。続いて、今日川で釣り上げたアブラハヤの生の切り身を吊してみる。すると、舌を頻繁に出し入れして切り身の方を顔で追う。そして、シャッと一撃してかぶりつこうとしたが、威嚇のみ。結局そのままとぐろの中に顔を沈めてしまった。意外と気難しいヤツらしい。もうちょっとお腹が減った頃に別のエサをあげてみよう。

マムシとインコとダイヤモンド富士

 今日は自宅周辺の田園地帯を散策してきた。最近、雑草を覚えなければいけない必要にせまられていて、少しずつだけど草の名前を覚えている。今日のお題はイヌガラシ。ごく身近に生えている雑草らしいから、自宅周辺を100mも歩けば見つかるだろうと思って歩き始めたら、意外と見つからなくて500mも歩いた。あ、こいつがイヌガラシか。確かによく田んぼのあぜ道とかで見かけるなぁ。

 そんなイヌガラシに出会うまでに、2つの生きものに出会った。まずはマムシ。草むらに逃げ込むところを見つけ、思わず長靴で踏みつける。逃がすか、捕獲するか、殺すか・・・。山で出会った時は逃がすけど、ここは自宅すぐそばの畑で、近所の子どもたちとよく遊びに来る場所。少し前に、近所の人がマムシ酒を作っているという話聞いたので、結局捕獲してビン詰めしておくことにした。

 次に出会ったのは鳥。バタバタと羽音の大きい鳥がすぐ横を追い抜かしたと思ったら、蛍光色の黄色い姿が一瞬見えた。すると1分もしないうちに引き返してきて、僕の目の前のヤブに留まる。さらに、僕に近寄ってきて腰のあたりに留まろうとしたけどやめて、また飛び去っていった。かなり人に慣れているようなので、きっと最近まで飼われていたセキセイインコだろう。野外で見るセキセイインコは新鮮であった。「ピヨ」と鳴いていた。

おまけ:25日に畑から撮った「ダイヤモンド富士」直後の夕焼け。

念願のカブトとノコが飛んできた

 昨年9月3日のブログに、「たまにカブトムシが飛んでくるような環境に住みたい」と書いた。そんな小さな夢を乗せたカブトが、今日初めて飛んできた。しかもカッコいい赤カブトだ。

  ブ〜ン、ボトッ。

 そんな音がした気がした。富山から尋ねてきてくれた友人とキッチンで盃を交わしていた時のこと。もしやと思ってベランダをのぞいてみると、網戸の前にやっぱり落ちていた。そこにいたのは形のいいノコギリクワガタ。すげ〜っ、ノコが飛んできた! と、手に取ってもてあそんだ後、玄関に出てみると、今度はカブトムシがマウンテンバイクの下で逆さまになっていた。お〜っ、カブトまで! 虫かごに入れて友人からもらったマクワウリを与えてみたら、むしゃぶりつくように食べ始めた。まだ若い個体のようで、ずいぶん腹が減っていたみたい。その後丸一日食べ続け、マクワウリは薄っぺらになった。

 念願の目標を達成して嬉しい。富山(富山市内在住)の友人からは、「え〜とこやな〜」とずいぶん羨ましがられた。でも、東京の友人から言われるのはよしとして、富山の友人から言われるのはちょっと違和感がある。

でかいイモムシ発見

 先日、畑のスナックエンドウを収穫していたところ、スナックエンドウ並にでかいイモムシを危うく収穫しそうになった。豆に擬態しているようにも見えるそのイモムシは、不気味な白点が背中に並び、体がやや透き通っているため、黒い体液が体内を流動するのが見えた。こんな奇抜なイモムシならば、ネットでちょっと検索すればすぐ名前が分かるだろう・・・そう思って、「エンドウ」「イモムシ」「巨大」といった無骨なキーワードで検索してみたが、見つからなかった。

 数日後、虫に詳しい知人に画像を送って聞いてみると、「アヤモクメキリガ」とのこと。あや? あやも? くめきり? もくめ? 昆虫の世界ではなぜか漢字名を記した資料が少ないため、なんでこんな名前になったのか分からない。とりあえず、「危うく豆になりきり蛾」とでも覚えておこう。しかし、マメ科に限らずいろいろな植物を食べる広食性の虫らしい。

 その後、カラスノエンドウやエゾノギシギシについたアヤモクメキリガの幼虫を目撃した。一度仲良くなると、意外とよく出会うものだ。エゾノギシギシにたくさんついていたコガタルリハムシも、とても可愛かった。

【今日見た虫】
アヤモクメキリガ、コガタルリハムシ、ハグロハバチ、ベニシジミコアオハナムグリ、ビロウドコガネ、ナナホシテントウ